読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイルランド旅行2月編

こんにちは。今週のダブリンはニュース記事になるくらいの夏日、快晴らしく日中は長袖を着ていると暑く感じます。先日久しぶりに半袖で外を歩きました。日焼けがこわい。

 

アイルランドの旅行記ですが、1月は特筆すべき事がないため飛んで2月です。

 

ゴールウェイGalway

アイルランド西部、音楽と学生の街ゴールウェイにやっとの思いでたちました 。

当初ダブリンではなくゴールウェイに滞在するつもりで考えていて、学校をダブリンに決めた後でも終わったら移り住もうと思っていたくらいでどうしても行きたかった街です。

急に思い立った訳はまぁこんな感じなんですけど、端的に言うともう資金もないし日本に帰る前にとりあえず行っとくか!最後の旅行だ!って気持ちで2泊3日(木・金・土)してきました。

 

ダブリンからゴールウェイの行き方は何個かあり、今回一番安かったバス・エーランを使いました。基本的に電車(Irish rail)かバス(City link/go bus.ie/Bus Eireann Express way)かなぁと思います。

Student Returnで調べた結果、irish rail:€23/City link:€21/go bus:€21/Bus Eireann:€18.04でした。ネットで検索し予約したので直接だともう少し高くなるところもあると思います。バス・エーランが安いのは多分直行ではないからだと思います。その中でも快速と各駅的なものがあり30分くらい快速が早く着くはずです。

 

今回は観光名所等は特に行った訳でもなくパブ探しの旅をしました。

まず1日目

f:id:br-seina:20170503062245j:plain

f:id:br-seina:20170503062628j:plain

着いて街の賑やかさにビックリする。ダブリンより全然小さいのですがバスキングしている人達をよく見かけます。狭いから密集してるのかな、最高ですね。心なしか若者も多い気もします。さすが学生の街(先入観かな)

f:id:br-seina:20170503063358j:plain

初日、最初に行ったパブ”TAAFFES”です。ライブ演奏が始まる頃に行ったのでまだ店内はそこまで混雑していませんでしたが、徐々に混み始めます。

隣に座っていたおばさんとちょっとお話。アメリカから私と同じぐらいの時期にこちらにうつってきたそう。語学学校の先生をやっていて退職して1年くらいのんびりしようとアイルランドへ。すごくいい国ですよね、なんていいながら一緒に音楽を聴いてました。それにしても語学学校の先生に英語を褒められると嬉しい。

f:id:br-seina:20170503063606j:plain

初日2件目はこちら”Tig Coili”(文字の出し方が分からない...)、上のパブの歩いてすぐ向かいぐらいにあります。この店の赤さがアイリッシュパブっぽくていい。

私が行った時は店は満員状態でわちゃわちゃしてました(笑)たまらなくアイリッシュパブ感を感じつつ2杯目の7upを頼み演奏者の近くでライブを楽しむ。少ししてから演奏がひとまず終了になってしまったので(一晩に2回わけて演奏を行っているところが多いです。お夕飯タイムかな(笑))少し物足りない気持ちで店から出ました。

 

ホステルに帰る前にちょっと街を歩いていて、若くて綺麗なお姉ちゃん方2人組(北欧っぽい)に一緒にどっかで飲みませんか...?って声かけられたけど耐性なさすぎてごめんなさい!!ってホステルに戻りました。すごく勇気だして声をかけてくれた感じだったのに、本当にもったい、、申し訳ないことをした。ちょっと後悔。

 

2日目。街ブラをしました。

f:id:br-seina:20170503064749j:plain

メインストリートにある楽器屋さんです。楽器ひけないけど見るだけでも楽しいですね。アイルランドならではの品揃えって感じがします。

f:id:br-seina:20170503065149j:plain

ゴールウェイはクラダリング発祥の地です。今回購入しませんでしたが次は...買おうかなぁ…(笑)

f:id:br-seina:20170503070530j:plain

遺跡があるショッピングセンター、エアスクエアセンターの中にタルト屋さんを見つけたのでアップルパイを購入。おいしい。

f:id:br-seina:20170503071202j:plain

f:id:br-seina:20170503071542j:plain

f:id:br-seina:20170503071932j:plain

ゴールウェイ大聖堂、たくさんの人が出てきて道がとても混んでました。

f:id:br-seina:20170503072255j:plain

f:id:br-seina:20170503072731j:plain

有名なスパニッシュ・アーチ

f:id:br-seina:20170503073038j:plain

街にある銅像におじいさんが演奏してました。よく見るとスプーン2つで音をならしてました、なんだかイカすね。

f:id:br-seina:20170503073309j:plain

お昼はMcCambridge's のGalway girlっていうハムにチーズに甘めの(ベリーだったかな...)ソースがかかったサンドイッチを食べました。うまい。

f:id:br-seina:20170503073830j:plainf:id:br-seina:20170503070258j:plainこの日の1件目はバス・ステーション近くの”Tigh Fox

f:id:br-seina:20170503074017j:plain

f:id:br-seina:20170503074329j:plain

意外とバウロンって(写真左の打楽器)いる頻度が少ない気がするのは私だけでしょうか。やっぱり打楽器が入ると楽しさもあがる。

もう一杯頼んで飲み終わったら次のパブに行くかと思った矢先にアイリッシュに捕まる。カウンターで一緒に乾杯して一杯コーラ奢ってもらいました(笑)徐々に話の流れがイヤな方向になってきたので飲み終えてさよなら〜。

f:id:br-seina:20170503065524j:plain

f:id:br-seina:20170503074519j:plain

2件目は前日のリベンジでまたTig Coili”へ!店内の雰囲気、最高じゃないですか...。

昨日と同じ席をゲットし演奏を聴きながらのんびり周りの雑踏にまぎれる。目の前にいたイギリス人のおじいちゃんとやたらテンションの高いアメリカ人の兄ちゃんと話す。イギリス人のおじいちゃんに”2人で来たの?”って聞かれて2人で”今あったばかりだよ!!(笑)”

アメリカ人の彼はみんなにアメリカンアクセントが分かり辛いと言われ話すのに苦労してました。英語が母国語じゃない私の方が両方の意味が分かるという謎空間。まぁ学校ではアメリカ英語を勉強してますもんね。そしてこの兄ちゃん、アイリッシュ音楽が好きで観光しにきた!とのこと。

 

演奏が終わり、スーパーへご飯を買いホステルに向かう途中アメリカ人の兄ちゃんに偶然ばったり(街が小さいからすれ違う人皆同じって感じ)。話を聞くとこの後行くパブが同じところだったのでじゃあ後で!と別れを告げホステルへ。

f:id:br-seina:20170503074907j:plain

3件目”The Crane Bar”、伝統音楽を聴きたいならここ!とホステルの受付の兄ちゃんも地球の歩き方にものってる有名なパブです。演奏が9時半からでちょっと遅めなのと市内から少し歩きますので夜道には気をつけましょうね。

店内に入ると席がないくらいの盛り上がり。金曜日だったしね。さっきのアメリカ人の兄ちゃんを発見したので一緒に飲む事に。兄ちゃんが楽器を弾くらしく、仕事をやめてホリデーできたそう。何してたのか聞くと口をごもらせて、お金はたくさん貰えるけどよくない仕事でね〜と闇のある話をしてたので私もあんまりつっこめず(笑)後は日本の話したりとか音楽の話をちょこちょこしました。

時間も早かったからか、演奏者が2人でフィドルとイリアン・パイプスでした。イリアン・パイプスは中々みれないので興味深かったです。

23時ぐらいには帰る予定だったので兄ちゃんと一緒に出て市内に向かいつつおしゃべり。彼は打楽器がいる!踊りたりない!!と他のパブに行ったので見送り帰宅。

一夜限りの出会いって感じでパブは本当に面白いですね。

 

3日目は夕方までまたも街ブラ。

f:id:br-seina:20170503075250j:plain

毎週土曜の朝からマーケットをしているみたいです。

f:id:br-seina:20170503075708j:plain

f:id:br-seina:20170510034123j:plain

お魚から果物、絵画等なんでも売ってました。私もシュガードーナツや南米の料理を食べたりしました。日本食もありましたよ!

f:id:br-seina:20170510034914j:plain 

f:id:br-seina:20170510034509j:plain

ラグビーの試合があったのでパブで観戦しよう!と意気込んでいたもののこの日に限って試合がお休みでした(笑)

このままバスターミナルに行き黄昏、程好い疲労感の中ダブリンに戻りました。

 

今回の突発ゴールウェイ旅行は下調べも特にせずでしたが沢山楽しめました。パブしか行かないだろうなと思ってましたけど本当にパブばっかでした(笑)早く夜になんないかな〜って思ってましたし。

初ホステル利用でしたが案外平気でした。まぁ居心地のよさはやっぱりホテルとかですけど安いし寝るだけだったので困らなかったです。

パブ探しにこのサイトと雰囲気よさそうなところに入ったりしました。数そんな行けてないですけどどこも音楽は最高です。音楽好きなら絶対西部です。

 

きっとゴールウェイに来てなかったら本来こっちに来た意味を忘れてたし、そのアドバイスを下さった方にただただ感謝です。これで日本に帰国しても後悔はないな、と帰ってから思えたので本当に行けてよかったです。

私はまだ、アイリッシュ音楽が好きだと再確認でき、今まで以上に音楽に触れたいと思えた旅でした。

f:id:br-seina:20170510041024j:plain

アイルランド旅行12月編

12月は始めにスコットランドエディンバラに行きました。美しい街並みに陶酔し浮かれ気分の旅行記は以下の通りです。

always-sleepy.hatenablog.com

always-sleepy.hatenablog.com

 

パワーズコートPowerscourt Estate

年の暮れ、凍てつく寒さの中お庭へお散歩してきました。

ブレイからエニスケリー行きのバス(ダブリンバス185)に乗り揺られながら街へ。

ここからパワーズコート正門まで歩いて行きます。バスを降りて中央の広場を右手にまっすぐ歩きます。看板でてるので信じて行きましょう。

f:id:br-seina:20170501072304j:plain

門をくぐるも庭園まで長い道のりが続く続く。途中で馬やゴルフ場を眺めつつ、街から大体歩いて1時間近くかかった気がします。

f:id:br-seina:20170501070953j:plain

f:id:br-seina:20170501071637j:plain

入るとお土産屋さんやAVOCAカフェ、おしゃれな家具屋さんがあります。横目で眺めつついざ庭園へ。夏期と冬期で値段が違います。学割あります。

f:id:br-seina:20170501072452j:plain

f:id:br-seina:20170501072842j:plain

f:id:br-seina:20170501074214j:plain

日本風の庭園もあります。

f:id:br-seina:20170501074440j:plain

f:id:br-seina:20170501074842j:plain

f:id:br-seina:20170501075305j:plain

f:id:br-seina:20170501073453j:plainのんびり回って2時間か1時間半くらいですかね。お花は夏期のみなので今回見れませんでしたが人も少なくのんびり緑を堪能できました。とても綺麗でしたね〜。

その後併設されているAVOCAカフェでお茶をして帰路に。

f:id:br-seina:20170501075957j:plain

日没が早く5時前に庭園を出たのですが門まで行く際に大分真っ暗になってしまい、街灯がない分もう少し早めに出れば良かったなぁと思います。夏は全然明るいので心配しなくてもいいですね。

 

今回滝には迎えなかったので、庭園に花が咲いている日にまた訪れようかなと思っています。また違う、綺麗な庭が見れると思うと楽しみです。もう咲いてるかな?

 

急ぎ足でアイルランド旅行記を書きましたがやっと去年分が終わりました。記憶が薄れて行く中時の流れの残酷さを感じつつ、振り返りも含め今年分も記事にしていこうと思います。

アイルランド旅行11月編

月どころか年までまたいじゃって今更感がすごいですが備忘録のため書き記していきます。えーっと11月は何処に行ったかなあ...。

 

グレンダロッホGlendalough)からキルケニーKilkenny

日帰りバスツアーでグレンダロッホからキラーニーに行ってきました。費用は確か€25くらい。ダブリン市内から出発してまずはウィックローにあるグレンダロッホから。

グレンダロッホは初期キリスト教会群が残る地域として有名です。

f:id:br-seina:20170501053222j:plain

一番目に入るのはやはりラウンドタワー。

f:id:br-seina:20170501054144j:plain

f:id:br-seina:20170501054539j:plain

f:id:br-seina:20170501053451j:plain

周りにはたくさんのお墓があります。

ここから川がある方へウォーキング、ロイアーレイクとアッパーレイクが近くにあります。ウォーキングトレイルがビジターセンターにのっていたので天気のいい日はウォーキングもぴったりだと思います。

f:id:br-seina:20170501055158j:plain

f:id:br-seina:20170501055603j:plain

時間の都合上近い方のロイアーレイクだけでしたが散歩しました。今思えば11月、少し木々が紅葉がかってる。

 

またバスに乗り込みキルケニーに向かいます。

f:id:br-seina:20170501060703j:plain

f:id:br-seina:20170501060757j:plain

キルケニー城、正門の後ろにお庭があり子供達が水で遊んでました。

f:id:br-seina:20170501061043j:plain

街並み。コンパクトで可愛いです。

f:id:br-seina:20170501061133j:plain

キルケニーショップ、アイルランドの工芸品が買えます。ちなみにダブリンにもありますがこちらの方が大きいでしょう。お土産にぴったし。

f:id:br-seina:20170501061441j:plain

f:id:br-seina:20170501061616j:plain

f:id:br-seina:20170501063233j:plain

地球の歩き方”にものっている魔女が住んでいたと有名な老舗パブ”キテラーズ・イン(Kyteler's Inn)”へ。アイリッシュシチューを食べました。おいしい。内装も凝っていて雰囲気ばっちしです。

f:id:br-seina:20170501061923j:plain

中世の雰囲気が残るキルケニー、短時間しか滞在できなかったため若干の名残惜しい気持ちを残したままダブリンに帰りました。

 

11月は確かここら辺しか旅行をしてないと思います。学校行ってたし。もう6ヶ月前だなんて信じられない。時間ってとても早いなぁ...。

初志貫徹予定

3月。ダブリンは少し暖かくなったものの今週からまためっきり寒くなってしまい嫌になっちゃいます。

色々ありました。何もなかったようで色々あったんだと思います。今月で7ヶ月目に突入してしまいました。ワーホリや留学している人がやる半年間の振り返り、私も習ってやってみようと思います(笑)8月入国だけど末だったので9月でカウントさせてね。

 

まずアイルランドに来た目的について。

これに関しては来る前から、来てからもずっと自問自答しつづけてブログに書く度に変わってしまって、いつもなんでだっけと迷子になる。でも周りの人に”なんでアイルランド来たの?”って聞かれるし、私も聞く。

本当に色々な理由の人がいる。英語を学びに、イギリスが落ちたから、ヨーロッパだから、なんとなく。私はいつだって”アイリッシュ音楽が好きだから”って答えてきたはずだし、ずっとそういっているのになんでブログで自分自身に問いかけてきたんだろう。

今までだってずっと答えはこれ以外になかったのに、もっと自分の成長に繋がるようなかっこいい理由を探していたのかもしれない。でも音楽以外にない。

私はアイリッシュ音楽を現地の生の本場で楽しむためにきた、ただそれだけ。

 

9月〜11月までは語学学校に行っていました。でも学校嫌いの私はそんなに好きではなく、友達とも仲良くはなれませんでした。最初は頑張ってたけど友達を作るのは片方が頑張ってもどうしようもないことですし、まぁ合わなかったということで私はもうそんなに気にしていません。

 

10月末から仕事探しを始めました。11月の始めにレストランで何日間か働かされ、すぐにクビになりました。正直意味が分かりませんでした。お金はしっかり貰いましたけど本当に1週間くらいです。別店舗に2日だけヘルプで行きましたが給料をキャッシュではいっと渡され、あ、ここでは働けないだろうなとは思いましたけどね。

 

12月に入り2カ所声がかかりました。ジャパレスとカフェです。どっちも近くにあったので両方働くつもりでした。が、ここでも問題発生でカフェの方は指定された働く日の当日に今日は来なくて良いとドタキャンは5度連続で続き、さすがに仕事が喉から手が出る程欲しい私もげんなりして断りました。

ジャパレスの方はまぁちょろちょろと週に2、3回働き、その間も仕事を探しながら働いていました。ですが1月に入り、急なクビ宣言。忙しくないから来なくていいよ、給料はキャッシュで渡すね、とまたもこんな感じ。いや、意味わかんねーよとちょっとブチ切れそうになる。

 

私は今まで国での差別主義はあまりしないタイプでしたがこちらに来て、このバイト先キャッシュで(アイルランドでは違法です)給料をぽいっと渡してきたオーナー達は両方共中国人だったので正直な所、中国人が嫌いになりました。外面だけ(常にニコニコしてる)いいから余計ムカつく。

 

1月2週目からまた振り出しに戻り仕事探し。毎週毎週面接行ってました。トライアルだってたくさん行きました。でも仕事はゲット出来ませんでした。何度1人で泣いたか数えきれないくらい、自分の不甲斐なさに、バスの中で堪えられず泣いた事もあります。家族からそんなに辛いなら帰ってくれば、と連絡が何度も来ました。

本当に帰ろうと思ってました。もうセントパトリックスデーを見たら大人しく帰ろう。きっとまたくればいい、って自分に言い聞かせて、航空券を探して。

 

2月に入って周りの人に帰ろうと思っていることを話しました。(以前12月頃もそんな話をしたことが実はあるんですけどね 笑)私の仕事探しの辛さを理解してくれている人達だったので助言を頂き、もう少しいたらと声をかけてくれたりアドバイスをくれました。

帰るんならその前に行きたがっていた西側に行ってみたらと、言われたので確かに帰るならちょっと旅行するか、とそんな気持ちでゴールウェイに行きました。

 

いつからなのか分かりませんが、私はアイルランドに来た目的を忘れていたのだ、とこの時気づきました。ゴールウェイはダブリンよりアイリッシュ音楽が素晴らしく、どこのパブに入っても毎回毎回感動しました。というかパブにしか行っていません。(アイリッシュ音楽は西側の方が盛んです)

なんで、このために来たのに、仕事探しにこんなに辛い思いをしているんだろう、嫌いな人達と関わらなきゃいけないんだろう、いつから目的は仕事になったんだろう。

自分を完全に見失ってたんだと思います 。音楽を楽しめよ。勿論資金的に余裕がないので仕事探しは絶対なんですが、そんなに思い詰めなくてもいいのかなと気持ちが少し楽になりました。ゴールウェイのパブは最高です!

 

こうやって書くと本当に3ヶ月は学校行って後はずーっと仕事探しに追われる毎日を送っていただけです。ワーホリに憧れている人もさすがにこれは憧れないでしょうね(笑)私も別に好きで仕事探しに追われた訳ではないのでね!

 

3月に入り引き続き面接やトライアルをしていますがちょっと仕事が決まりそうです。もし決まらなければ5月帰国を目標にしていましたが、もうちょっと、というかビザをギリギリに観光ビザでまた3ヶ月延長くらいいけるといいな(笑)

 

私はアイルランドがすっごい好きです。国も人も、特に音楽が大好きです。問題もたくさんありますけどね。バスには本当困ってます(笑)

 

幸いにも私がこちらで会った人達はいい人ばかりで(合わない人とは自分から連絡とらないだけですけど)、話ていて楽しいし考えさせられます。きっと日本に帰っても連絡をとれると思っています。私がまだアイルランドにいれるのは周りの人のおかげでしかないです。どれだけ救ってもらってどれだけ助けてもらったか分かりません。

私は今自分にいっぱいいっぱいで何も返せてないのが申し訳ないのですが、困っている時はいつでも手を差し伸べられる人でありたいと思います。

 

近々、仲よくしてもらった日本人の方が帰国されるのでとっても寂しいです。でもそう思える人に会えてよかったねと言われ、確かになと思いました。

 

私の家で色々問題が起こっているみたいですがもう、そっちは私がどうにも出来る問題ではないのでたまに家族と電話をしなくてはという感じです。あと完全に猫シックです。無理、もふもふしたい、毎日愛猫の動画みてる...。

 

そんなこんなで私のアイルランド生活半年間が終わりました。まだ、まだだ...!きっと半年後近くもアイルランドから記事を投稿していることを夢見て。

 

エド・シーランのニューアルバムからこんな素敵な曲が。アイルランド人とイングランド人の両親を持つんですね。通りでアイリッシュ感を漂わせてるなぁといつも思ってました。ツアーでダブリンに来ますが、めっちゃ行きたい気持ちしかない。


Ed Sheeran - Galway Girl [Audio]

 

最近曲紹介ブログみたいになってますが全く以て違います。ただの自己顕示欲ブログです(笑)

PPSナンバーです。

こんにちは、ブログのアクセス数の波が激しすぎて少々驚いております。どこかに晒されているのだろうか...(笑)何を見ているのか気になりますね。

自分の手記を見ていたらブログにPPSナンバーの取得方法を書いてなかったので記憶曖昧ながら記載していこうと思います。

 

まず仕事をするにあたって必要になってくるのがPPSナンバー(Personal Public Service Number)です。税金なんかの登録に必要になります。アイルランドでの給料の手渡しは違法になり、振込の場合税金がひかれますので覚えておきましょう。またもしもの時のために明細書(メールなんかで送ってくれます)等も残しておきましょう。

 

PPSナンバーですが、こちらも必要書類を用意して予約をいれ福祉局に向かいナンバーが手紙で送られてくるのを待ちます。システムも年々変わっているので必ずサイトを確認しましょう。

 

必要書類

・パスポート

・住所を証明できる書類(公共料金や自分宛に来た手紙など)

・予約完了時のメールを印刷したもの

・雇用主のレター

ここで問題なのが”雇用主のレター”です。以前はレターがなくてもPPSナンバーを発行出来たため意外と多くの人がそのことを知らず、PPSナンバー持ってないの?とよく聞かれます。

各自1度申請したらそれでおしまいなので現状を知ることはないですよね。きちんと今はこうなんです、なので雇われてからになりますということを伝えましょう。

 

住所を証明できるものに関しては自分は銀行開設時に家に来た手紙を持って行きましたので参考程度に。

 

まず書類が用意できたら予約をしなくてはいけないのでMyWelfareに登録をします。英語ですが頑張って登録していきましょう。そこからオンラインサービスで予約(appointments)の項目を押し予約をします。

私がとった時は混んでいたのか4週間くらい先になってしまったので期間に余裕を持てれば持ちましょう。とはいっても自分にはどうすることも出来ないので気長に待ちましょう。

後は書類を持って福祉局に向かうだけです。北側パーネルストリートにあります。真正面ではなく少し奥の建物がPPSナンバーの受付になります。

受付で予約しましたと言って書類を貰います。それを記載したら案内された番号に向かい書類等を渡して終わりです。

番号は後ほど自宅に手紙で郵送されてきます。

 

書くとどうも簡単そうですが書類や予約なんかが中々に面倒でした。自分の場合ですが仕事が見つかる前に予約を前もってしてそれまでに決まればレターを持って行くかぐらいに考えていたのですが、予約当日になっても仕事が見つかってなかった私はレターなしで福祉局に向かいその旨を伝えました。

担当してくれたおばさんはこいつ大丈夫か?みたいな顔をずっとしていて、メールの必要書類確認した?見てみ?とちょっと不機嫌にさせてしまいました(笑)

それでもしっかり対応してくれて、とりあえず書類の手続きはしておくから仕事が決まったらレター持ってきて、予約はしなくていいからと案内番号をメモし渡してくれました。

 

その2週間後レターを持ってくることが出来、福祉局へ向かうと何故か人が居ない...。受付に人がいないからすみませーんとちょうどコーナーに居た人に説明したらぱぱっとやってくれました。休憩だったのだろうか、ありがとうございます。

 

大体1週間くらいで届くはずです。大事な番号なので忘れず大切に取っておきましょう。

 

大分記憶曖昧になってしまったので不備があったらすみません。自分のことは自分で責任を持ってやってください。苦情は受け付けません(笑)

 

仕事が決まってないので税金などについては正直まだ全然かけません...。このまま記事に出来ずに帰国になってしまうのか!?来週何かしら起きないかな、出来ればお金が当たったりとか...。€ミリオンというヨーロッパ内で行われている宝くじに当選した人がアイルランドということでフューチャーされてました。

お金、みんな欲しいよね。現金な人にはならないように、では。