読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならさんかく。

歳末。街も忙しなく感じます、私は忙しくないんですが。今年最後の記事を書かせてください。1年の振り返りを。

 

どんな1年だったかと思うと行動はした年だったと思います。仕事を辞め、バイトで資金を稼ぎ、夏の終わりにアイルランドに来て。計画通りに何もならなくて不安になったりしたり、悩んだりしたけどなんとかアイルランドで年を越せそうです。

 

仕事が見つからなければ今年いっぱいが資金的にもギリギリかなと来る前から思っていたので、まだ不安定で断言は出来ないのですが、仕事になんとかありつけ少ないながらもお金を稼げる状況になり精神的には落ち着きました。0と1ってこんなにも違うものなのかと、お金が増える事なく減るだけというのはこんなにも精神的に辛いものなのかと、身にしみて感じました。

 

初めて親元を離れ自分の力で生活していく、それも海外で。今まで経験のないことが一気に降り掛かり、自分でも右往左往しながらようやく形になってきてる気がします。

自炊だって出来ないけど、自分が作るしか無いし家事やその他のことも全部自分で最後はやるしかないんです。家に住んで、寝てるだけでご飯が出てくるというのはなんて贅沢な暮らしなんだろうと気づきました。親の有り難みや家族の大切さ、うまく言えませんがふとした時に自分って恵まれていたんだなと思うと同時に1人でもなんとかやっていけるとも思えました。

でも何もかも1人でやっていた訳ではなく、周りの近くにいる人が親身になって手を差し出してくれていたこと、相談にのってくれたりアドバイスをくれたりしてくれる人達の存在のおかげでなんとか過ごして来れました。

私は一人行動が好きで何もかも1人でやっていると考えがちなところがあり、いつも失ってから離れてから大事だったことに気づく事が多かったので周りへの感謝を忘れずに、すぐ言葉で感謝を伝えると今年は心掛け少しは実行できたかなと思います。

 

勿論綺麗ごとばかりではなく、何度もアイルランドに来て気分が沈み劣等感や妬み、そういう感情も常にあってどうしてこんなに性格がひねくれてるんだろうと悩んだ事も有ります。去年の今あたりに書いた記事にもあるように、未だに自分の性格が掴めていません。細かく言うと自分の良いところが分かりません。

汚い部分は見たくなくても見えるしすぐ気づけます。でも良いところってどこなんだろう、長所ってと思うと答えに行き詰まります。

でも完璧な人間なんていなくて、きっと皆自分の悪いところに悩んだりしていて、まだ自分のダメな点に気づけているだけでも変われるのではないかと思います。

 

恋愛の話から人生観とか哲学ちっくな話をこちらに来てからよくするようになりました。日本にいる時はこういう話をあまりしなくて、自分としてはこういう類いの話が好きなのでとても話していて面白いです。

日本人同士でも勿論考え方が違うので話を聞いていてそういう考えも出来るなとかそれは違うと思うとか、国を超えればもっと違う考えの人もいれば似たような人もいて。話をしていくうちに自分にとって何が大切なのかとか考えとかも少しずつ確立出来てきてるのではと思います。

 

こっちに来た目的を未だに考えていて、以前大人になるという漠然としたものを掲げていたのですが大人ってなんだろう...とまたも悩み始めています(笑)興味のある国で生活がしてみたかった、これに尽きるかなとも思いますが。

昔、中学生とか高校生の時から見た23歳って社会人で大人なんだと思っていたはずなんです。

でも実際になってみるとそんなこともなく、23歳って大人にやはりなりきれてなくて何が大事とかそんなこと考え迷う時期なのかなぁなんて思ったり。人それぞれですけどね!でも人それぞれって言葉でなんか逃げているみたいでよくないなぁと思ったり。

 

話が変わって恋愛についてもですけど、熱が上がりすぎてこちらに来る前に気持ちを伝え来てからもちょっと連絡こないかな〜とかまるで恋する乙女だったんですけど向こうが連絡を控えていて中々返信をくれないので急に冷めました(笑)

これって恋してたっていうんですか??またも恋に恋していたのでは、と私は考えているんですが。

あえて連絡を控えてくれている可能性もなきにしもあらずですがそういう気を使っているって思うだけで急にどうでもよくなりましたね。私に構ってくれない人などどうでもいいのです(笑)随分とワガママですね。

こんな感じになってまた自分には恋愛が出来ないのだと悩み始めました。どうしてみんな普通に恋をして両想いになって付き合えるんだろう...。あまり人に興味がない性格なのか、というか元々が男嫌いだったこともあり、正直男をあまり信用していないというか...。

恋愛はしたい訳ではないです。本当に一緒にいたいと思える人ができたらまぁいいかなと思うくらいで強がっているわけではありません(笑)

でも正直な話未経験のまま年をとるのもなぁ、と何故かそんなところを気にしています。無理にすますこともないとは思ってるんですけどね。

来年は恋愛に関しては何事も無く独り身で過ごしたいですね。

 

今年は色々なことが出来て楽しかったです。辛い時の方が多かったですけどそれでも新しいものに触れて吸収できて。親から言われた”殻を破る”は実行できているか分かりませんけどね。でも新しい見方が出来るようになって微々たる成長を感じます。

そういえば年初めの記事に書いたやりたいことリスト5つ消化は出来ました!

 

来年の抱負を。アイルランドにいる間は精一杯過ごす事。やりたいことは挑戦し、色々な人と関わること。この小さな国では人との繋がりがとても強いと実感しています。日本に戻ってからのことも考え、実践出来るように。今年以上に素敵な年になりますように。

 

アイルランドに来て早4ヶ月、時間の流れは毎年毎年加速しているそんな気がします。今年最後の今日は穏やかな天気で気持ちも晴れます。

辛い事があっても立ち直ることが出来、明るい未来が開けるように。

 

Siaはメッセージ性の強い曲を書くので辛い時も頑張りたい時もよく聴きます。この曲のMVは今年6月にフロリダ州で起きたナイトクラブ銃乱射事件への追悼の意味もこめられているそうです。

性的志向も勿論この世から様々な差別がなくなることは難しいけど、どんな人だって生まれて生きていくことを否定されてはいけない。

今夜わたしはここで最高の存在になる。


Sia - The Greatest

 

よいお年を!

スコットランド旅行1日目

あっという間に年の瀬ですね。去年書いた記事を見てあまり成長を感じれずまぁ1年なんてこんなもんか、と割り切るしかないですね。

誕生日に記事を書きたかったですがだらだらするのに忙しくて中々気が進まず。クリスマスはカウチに寝っころがってお菓子とドリンクと毛布を用意し気合いを入れてだらだらしています。進行形です。

 

周りの友人達は意気揚々とアイルランドから出て旅行を楽しんでいますね。出来ればイベント時はアイルランド(たとえ何もないとしても)で過ごしたいのでアイルランド風に生活出来たら私は満足です。

 

何故だか日本で家に籠ってだらだらしているとすごく罪悪感に襲われていて、何かしなきゃとか出掛けなきゃとか有意義な1日にしようと誰かに急かされているわけでもないのにそんな気になってしまい、どうも満足のいくだらけた1日を過ごす事が出来なかったですが、こちらでは罪悪感なくだらだらできるのでもう家に籠って4日目です(笑)クリスマスは家でだらだらテレビを見るという習慣にどっぷりハマってます。頑張るのは来年からにしよう。

 

クリスマスに周りが旅行に行く中、私は一足お先くらいに、12月の始めにスコットランドエディンバラに2泊3日で行ってきました!今回も行くきっかけがLAUのライブです。去年のイギリスとまったく同じでほぼほぼ同じ時期。違うことは近いってこと!

always-sleepy.hatenablog.com

 ダブリンからエディンバラまでは1時間半くらいで着いちゃいます。今回初めてライアンエアー使ってみました。LCCで超格安です。往復でも€30以下で行けちゃいました。

色々コスト削減でしなくてはいけないこともありますが特に目立った問題もなくのれました。荷物もリュック1つで行ったので追加料金なし。オンラインチェックインと航空券をプリントアウト、VISAチェックをしにカウンターまで行けば後は通常通り検査受けてロビーで待って飛行機まで歩いて乗るだけです。

私は利用しなかったので明確ではないのですが、機内のトイレは有料らしいです(笑)長距離フライトには向いてませんけど2、3時間だったら安くて便利だと思います。席も自分が小さいからですけどきついこともなく。機内食等は無料ではないので買うか、空港で買いましょう 。

f:id:br-seina:20161230085643j:plain

歩いて乗ります。私は結構歩いて乗るとスター気分を味わえるので好きです(笑) 

 

エディンバラに到着!

ここからエアリンクというバスに乗って市内のB&Bに向かいます。往復で買っておくと楽だと思います。有効期限は確か30日です 。

エアリンクはもちろんWi-Fi完備で有り難いのですが、よくあるバスが今どこらへんなのか分からなくなる(表示がされないなど)ということがなく掲示板がちゃんと今どこらへんなのか、後何分くらいなのかなど表示してくれているので感心してしまいました。ダブリンバスは間違えてる時あるし(笑)

自分の宿泊先はバス停のすぐ近くで降りてちょっと歩いたら分かりました。B&B大好きな私としてはとてもいい所でした。街の中心地まで歩いて30分くらいでいけるのも よく宿泊先の人達もよくしてくれ、またエディンバラに行く際は同じところに泊まりたいと思います。

 

着いてから荷物を置き、ライブはその日の夜だったため場所を確認しつつ中心地に向かう。15時くらいだったので歩きながらのんびり街の雰囲気を楽しみます。

f:id:br-seina:20161230091329j:plain

街のショーウィンドウにバグパイプを見つけてスコットランドにいることを実感します。バグパイプスコットランドの伝統楽器になります。

f:id:br-seina:20161230093251j:plain

街にも観光客向けだとは思いますが、ギターを弾いている人よりバグパイプを吹いている人の方が多かったです。民族衣装をきて吹いてたりしてついつい聴き入れてしまいますね。

f:id:br-seina:20161230091231j:plain

やはりイギリスといってもイングランドとはまた違った趣きでどちらかと言うとスコットランドの方が厳かな雰囲気があります。私は個人的にスコットランドの方が街並みが美しく好きですね。

エディンバラは駅を挟んで旧市街地と新市街地に分かれておりその美しい街並みは世界遺産に登録されています。歴史的なことを調べると暗い話みたいですね。

 

まずは新市街地のプリンセスストリートをまっすぐひたすら歩く。ツーリストオフィスにでも寄るかと、土曜日だからか人が多いなぁと思いながら歩いてたらクリスマスマーケットが!だからか!(笑)

f:id:br-seina:20161230091538j:plain

見渡す限り人、人、人!

f:id:br-seina:20161230091833j:plain

スコット記念塔と空中ブランコという幻想的な空間。

仮説遊園地まできて、マーケットのお店もたくさんありました。とっても盛り上がってる!私までテンションがあがりつつまずはツーリストオフィス でエディンバラ城のポストカードを実家に送るようで買いました(何故かまだ届いておらずきっとこのポストカードは一生彷徨い続ける...)

f:id:br-seina:20161230092506j:plain

外に出てスコットランド初の食事はドイツのカリーブルストに(笑)正直値段の割には微妙で普通のホットドックにすればよかったなぁと思いました。

f:id:br-seina:20161230092324j:plain

ライブまで時間があるので折角だしマーケットみよう!と意気込んだのは良いものの、人が多すぎて歩けない、歩けない...。人の流れに一緒に流れただけで疲れてしまい、暗くなったしライブ会場の方に行くかと若干疲れを感じながらまた歩く。

問題の会場に中々着かなくて、周りの賑やかさも徐々に落ち着いてしまい道はあっているはずなのに全然見当たらないなぁと不安にかられる。ここで街のFreeWi-Fiを駆使しマップで確認するともう少しでした。やはり私の土地勘は間違っていないが自分に対する信頼度が低いためにこういうことは多々起こる。市内のFreeWi-Fiって本当に素晴らしい。

 

ライブが始まる2時間前くらいに会場を確認し、暇つぶしと休憩がてらカフェに入ろうと思ってたのに18時にはほぼ閉まってるし会場の周りにあまりカフェがなく渋々スタバで時間つぶし。

1時間前くらいにスタバを離れ会場へ。チケットの代わりを印刷しただけだったので横のチケットボックスで交換してきて〜って若い親切なお兄ちゃんに言われたの言われるがままに交換し会場ロビーに。

ロビーには沢山の人がお酒を片手に楽しそうにしている!しかも真ん中で若い子達が演奏してるではないか!私は興奮しつつお水を貰い演奏を始まるギリギリまで聴いてました。バイオリン3人にコントラバス、ギターで最高にかっこよかったです。

自分より若いか同じくらいなのにこんな素敵な演奏が出来て自分も何故か嬉しくなってしまいました(笑)

 

時間になりライブ会場に入り席を探す。見つけたと思って座ってたら全然違う番号に座っててそこの席だった人があれ?まぁいいか、みたいな顔をしてやっと間違いに気づき席を再度確保。笑ってたけど何故間違えたのか自分でも理解できない(笑)

 

そしてメンバー登場!最初はまさかの”The Jigs”から始まり、鳥肌が止まらない。前回のライブではこの曲は演奏しておらず、私はLAUを知ったきっかけの曲でもあるので聴けて本当に嬉しかったです。

演奏はただひたすらに最高で、アレンジがとってもかっこいいし最初から最後まで楽しませてもらいました。リスニング力は去年よりは大分マシになったはずなのにトークは相変わらず聞き取れませんでした(笑)最後にみんなで歌い、LAUが演奏して終わりました。

LAUはこの日昼間からライブまでワークショップをやっていてライブ後も深夜3時まで飲み会なのかパーティ的なものがあって、まぁ私は観光も兼ねているので参加せずにライブだけで帰りました。

まさかLAUのライブをまた見れるなんて思いもしなかったのでそれだけで嬉しかったです。今回のライブは出身地スコットランドなので前のライブハウスより大きくて演出も凝っていて面白かったです。でもイギリスでみた時は近くで見れたし話せたからあの和気あいあいした感じの方が好きですね。

次いつライブやるかはまだ分からないので(イギリス、ケンブリッジのフォークフェスに出るみたいですけど)こちらに滞在中近くで行けそうであれば必ず行きたいと思います。夏くらいにやってほしいな〜。

 

帰りは23時くらいで遅かったのでバスを調べて乗りました。バス停が出発も到着も目の前だったので簡単に行き来できてよかったです。バスの料金は一律で安かったです。小銭が似すぎていて出すの大変でしたけど運転手さんは気にせず私を乗せたまま出発していました(笑)

 

翌日は早起きして1日観光するぞ!と決めていたのでどこら辺を回るかある程度決め、でも興奮してすぐには寝付けずテレビを見ながらポストカード書いたりしてスコットランドでの初めての夜は過ぎました。

f:id:br-seina:20161230092148j:plain

アイルランド旅行10月編

学校も終わってひたすらニートしています。こんにちは。先週あたりはすごくこの先不安で仕方なく大泣きしてたんですけど、変に落ち着きました。病気か?寒いし仕方ないね。冬のこの時期になると自分の気分も天気と同じように落ちていくのでどうしようもない気がします。

 

ブログもなんとか1年続いて自分でもビックリです。とても飽きやすい性格なんで。週1更新はダメでしたけど最低でも月1更新していて自分でも偉いと思います(笑)これからもご慈愛下さいませ。

 

前回9月にぶらりと行ったところをまとめたので引き続き10月に行ったところを。写真を見ながら無理矢理記憶を呼び起こそうと思います。私の記憶力は最低なので自信はありません。

 

ドーキーDalkey)からダンレアリーDun Laoghaire

天気もよく、海沿いに行ってみようという事でダート(DART)を使って行ってきました。ドーキーについてまず腹ごしらえとしカフェでお茶を。

f:id:br-seina:20161210070840j:plain

f:id:br-seina:20161210004848j:plain

街の中心地はこじんまりとしていてとても可愛らしいです。

f:id:br-seina:20161210005107j:plain

 ドーキー城。今回は海沿い散歩のため入らず。ドーキーは家から近いので暇な時にでも行こうと思います。

f:id:br-seina:20161210004941j:plain

このカフェの写真から見て右側の道をまっすぐ行きます。虹が撮れました。

f:id:br-seina:20161210071150j:plain

ドーキーアイランドが見える海沿いまで住宅街を歩きます。ここらへんはお金持ちのお家が多いので高級住宅街だとは聞いていましたが見るからにお城なお家を見て興奮しながら歩く。

f:id:br-seina:20161210005336j:plain

野良なのか飼われているのか謎な猫ちゃんを発見。日向ぼっこをしていて気持ち良さそう。

f:id:br-seina:20161210005456j:plain

ドーキーアイランド

見晴らしがとても良く、海を見て過ごすのもいいなぁと。

f:id:br-seina:20161210005601j:plain

ちなみに帰りにもまだ猫ちゃんはのほほんと観光客に笑いを届けていました。和む。

 

ドーキーから歩いてダンレアリーという港町まで行きます。ダートでも行けますが歩いても30分くらいなので散歩がてら(節約も兼ねて)海沿いをひたすら歩きます。

f:id:br-seina:20161210005853j:plain

海とマッチした建物がずら〜っと並んでいます。どこを撮っても絵になります。

f:id:br-seina:20161210010109j:plain

港を少し抜けてパークの方に行くとフードマーケットが。毎週日曜日にやっているみたいです。

港沿いを歩いていると皆肌寒いのにソフトクリームを食べてる。しかもソフトクリーム屋(TEDDY's)がいたるところにいる。これはここの風物詩なのかと思い自分も習って買いました。

f:id:br-seina:20161210010151j:plain

美味しいけど普通のソフトクリームにチョコフレークがささっているだけです(笑)

f:id:br-seina:20161210010340j:plain

f:id:br-seina:20161210010417j:plain

f:id:br-seina:20161210065228j:plain

ひたすら歩く。

f:id:br-seina:20161210010504j:plain

歩いて疲れたので帰る前にチップスを買って食べました。何種類かソースがあって試しによく分からないのをつけたら最高に美味しかったです。量が多いので飽きますけどね。多分そのソースは明太っぽかったです、多分...。

f:id:br-seina:20161210010921j:plain

今回は街探索が出来ませんでしたが街も良いところです。よく行きます。

東京にずっと居ると海なんて行かないし海沿いを歩こうとも思わなかったので意外と楽しめました。ダブリン中心街からもすぐ電車やバスでぽいっと行けるのでオススメです。

 

別日にダンレアリーにある海洋博物館に行きました。

f:id:br-seina:20161210234145j:plain

教会をそのまま博物館にしているので外観さながら内観まで教会です。中々興味深い展示物があり海関連に興味のある方はオススメです。タイタニックの展示スペースも少ないながらあります。

当たり前なんですけど展示物の説明は全て英語なので、こういう時に英語が出来たらな〜っていつも思います。勉強しような。

ここの博物館はカフェが併設されていて、利用しようと思ったのですが結婚式が行われるみたいでお休みでした。ここで結婚式ってまぁ教会ですけど海洋学が好きなカップルなのかな。

 

ブレイBray

またまたダートで行ける場所に友人達と行ってきました。ブレイはダブリンではなくウィックローになります。ちょっぴりダブリンはいってるけど。

今回の目的はブレイヘッドです。頂上に十字架がある丘陵になります。

f:id:br-seina:20161210065002j:plain

ブレイ駅にはこのような装飾が施されていてとても素敵です。

f:id:br-seina:20161210064828j:plain

f:id:br-seina:20161210233044j:plain

海沿いにはたくさんの人が散歩したりして楽しんでいた。奥に見えるのがブレイヘッドです。登る前に腹ごしらえでバーガーを食べました。

 

ブレイヘッド、運動してない人間からするとかなりきつくてなんでこんな試練を...と途中挫折しそうになり、息つく暇もなく友人達がばーっと登って いくので休むことも許されず血反吐を吐きそうになりながら死にました。

運動しないタイプの人達は気をつけてください。まぁ私が行った方は最短ルートだけどきついコースなんで、なだらかなコースも確かあると他の観光客が言っていたのでそちらをオススメしておきます。

f:id:br-seina:20161210232302j:plain

f:id:br-seina:20161210232539j:plain

でも頑張った後にみたこの景色はとても絶景です。

 

10月は海沿いをせめてみました。まだダート沿いに行ってみたいところはあるのでもう少し暖かくなったら向かいます。ここ最近ダブリンは暖かくこの前15度だったりしたのですごい寒い訳ではないですけど冬なんでね。

風邪が流行ってるので体には気をつけよう。心はずーっと風邪気味なんだけどね。

アイルランド旅行9月編

11月に入り最近のダブリンは体感温度マイナスレベルの寒さです。秋ではなくもう冬になりました。

この前初めてサマータイムからウィンタータイムに、夜中の午前2時まで起きてiPhoneの時間が勝手に1時間戻り興奮したのを覚えています。日本じゃ絶対経験できないのでハロウィンより待ち遠しかったです。

 

書くネタがないことは全く以てないのですが、どうも記事を書いているとどんどん暗くなってきて見返すと精神状態に異常があるのでは?レベルになってしまい下書きだけが残っている状態でした。別にそれも載せようとは思うのですが文章がまとまらなすぎる。

なので自分の近状はもう少し落ち着いて(精神状態も含め)、ちゃんと読める文章にしてから載せます(笑)というか、もう3ヶ月目突入ですよ。この辺りが一番辛い時期だと先人達は言葉を残しているので生存していけるよう頑張ります。が、辛くない時期は未だない。

 

アイルランドに来てから小旅行ぐらいはしているのに記事にしてなかったのでまとめて買いていこうと思います。今回は9月編。今11月だけど目を瞑って過去に戻りましょう。もう細かいことは忘れてるけど備忘録!

 

聖パトリック大聖堂St.Patrick's Cathedral

f:id:br-seina:20161108084820j:plain

学校が始まって最初の週。クラスメイトのドイツ人の女の子が短期滞在で毎日観光名所を忙しくまわっていたので一緒に行きました。

この大聖堂はダブリン中心部から近い、というか中心部にあるのでアクセス良好です。

 聖パトリック大聖堂はアイルランドで最大の教会。学生のカードを持っているので€5で入場。フレンドリーな案内係の人がパンフレットを渡すため何処から来たのか尋ねられジャパ〜ン!って言ったら「ありがとうございます!」って答えてくれて、こういうのってやっぱり嬉しいよな〜と思う。ちゃんと日本のパンフレットもドイツのもありました。

f:id:br-seina:20161108085058j:plain

荘厳な大聖堂内

f:id:br-seina:20161108085408j:plain

中は見応えがあり、展示物等も充実していたと思います。お土産さんもあります。日本人の私としては、まず大聖堂が珍しいので、外観から中にいたるまで興奮しっぱなしでした。写真撮影可能の場所もあります。大聖堂や教会のあの厳かな雰囲気は身が引き締まるというか、冴えた気分になりますね。いつかミサを聴いてみたい。ここでも行われているので興味のある方は是非。

 

横にあるパークも噴水があっていい所なので天気がいい日は日向ぼっこもいいと思います。不運にも私たちが行った日は雨が降ったりやんだりで天気には恵まれませんでした。

 

それにしても一緒に連れてってくれたドイツ人の女の子。2、3週間しか被らなかったけどよく喋るいい子だったなぁ。ドイツには行きたいので彼女に会いにいけたらと思います。元気かな〜。

 

モハーの断崖The Cliffs of Moher

f:id:br-seina:20161110090040j:plain

写真にある塔はオブライアン塔です。

学校の友達とツアーに申し込んで日帰りバスで行きました。

途中オバマ大統領の資料館併設のサービスエリアに寄り、休憩。ダブリンから片道4時間くらいじゃないでしょうか...。移動時間の方が長くてバスで爆睡でした(笑)

f:id:br-seina:20161110091350j:plain

写真を撮り忘れましたがビジターセンターはくりぬいて作ったみたいな感じで中々いい感じでした。

f:id:br-seina:20161110091541j:plainこれぞ断崖絶壁ですね。足がすくみます。

遊歩道(といっても別にちゃんと整備されている訳ではない)をのんびり歩き崖の上でピクニック(寒い)

天候には恵まれましたが一瞬、数分だけ雨がぱしゃっと降ってすぐ止みました。これぞアイリッシュウェザーって奴ですね。

中々こういう景色を目にすることがなく壮観な景色なずっと圧倒されていました。次また行く機会があれば夏頃に行ってパフィンがみたいですね。

 

博物館地区

 

ダブリン市内のフリーで入れるミュージアムをはしごしてきました。正直細かいことは一切覚えていません(笑)有名なタラのブローチやミイラ、絵画も鑑賞してきました。美術館がやっぱり好きだなぁ。

 

観光名所等はこのくらいかなと思います。日をまたいで書いたら後半に行くに連れて乱雑になってしまいましたが思い出したら書き足していきます。 

 

追伸:

記事を最初に書き始めたのが11月の始めで最後まで書き終わったのが12月になってしまい時間や言葉がおかしいところがありますがそのまま掲載しておきます。大目に見てやってください。

しっかり生きててね。

前回の更新から1ヶ月経ってしまいましたがわたしは生きてます。元気かどうか聞かれるとなんと答えていいのか分からないけど。

書くことが他にもあるけどうまくまとまらないので、久しぶりにお題。

 

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

 

28歳。響きがこわい。私は28歳です、って胸をはって言えるのだろうか。今になって将来どんな仕事に就きたいのか、どうやって過ごせば幸せになれるのかを考えている。もう手遅れな気もする。今は何もかも前向きに考えることが出来なくてずっと1人でぼーっとしている。

正直明日、明後日、1ヶ月後にもここに居られるのか不安でこっちに来てもう少し将来のことをじっくり考えたいと思っていたがそんな余裕もなく時間だけが過ぎていく。

 

閑話休題。5年後の自分へ。

こんにちは。あれから5年が過ぎ、何か変わりましたか。私が今していることは嫌な思い出にはなっていないですか。人生において無駄な行為はないと、自分は考えていますがどうも豪語は出来ません。私がこれからどうなるのかご存知でしょうが、それでも過去に悔いはないですか。

 

家族とはどうですか。皆元気ですか。今は離れて暮らしているので寂しいです。たまに連絡もするのですが私のこの性格上どうしてもドライな対応をしてしまいます。家族ハワイ旅行は行けそうですか。ここで私の今の経験が役に立つと嬉しいです。

 

お仕事はどうですか。好きな仕事または興味のある仕事をしていますか。それとも生活のためと割り切ってお仕事をしていますか。私はどちらの選択肢でもいいと思っています。ただ今はまだどちらかに絞りきれず日々苦労しております。好きな仕事でも自分の力量が合わず中々難しいところです。

 

交友関係等はどうですか。仲のいい友達とは今も関係が続いてますか。また新たに友達は出来ていますか。今こちらに来て私は気軽に誘える友達がいなくて、心にわだかまりがあります。これから出会いがあるのか、いや出会いを作らなければいけないのですがどうも自分に自信が有りません。外国人の友達はいますか。彼らとも繋がれていますか。

ここはあまり興味ないのですが、恋愛関係はどうですか。今の年齢だと周りからとやかく言われ結婚を意識する年齢ではないですか。少し前の私は恋をしましたが付き合いたい気持ちもなく、日本から離れ時間を置いたら今までの気持ちも何やらと、また恋愛に興味のない人間になってしまいました。私はこれでいいと思っています。恋愛に関しては右も左も分からないので流れに身を任せ、いい人に巡り会えたら、それもまた運命ですよね。

 

5年前と言うと私は高校生でまさか海外に出て生活をするなんて、微塵も思っていませんでした。きっとその時の私は、専門学校を卒業して音楽関係の仕事につきたいと考えていたはずです。今よりも斜に構えていて、今よりも感覚で生活していたので、私は何一つ叶えられなかったし、学校にも通えなくなって軽い鬱状態でしたね。でもあれは自分が招いたことなので誰も責められません。むしろ責められる立場であり、お金を出してくれた親にはまだ謝れてないはずです。

私の精神状態が弱いと気づいたのはこの辺りからですよね。学校でついていけなくなっただけで、特別に人一倍頑張っていた訳でもなく、自信がないからと逃げてたらいつの間にか登校拒否して中退して。私はその時の友人達に恥ずかしくて顔を向けれません。

 

それから自分なりに模索して大学に行こうと決めましたよね。受験勉強なんてしたこともないし、大学名も知らないのに、英語・外国について勉強したいと急に思い立ってバイトをしながら塾に通ってました。私はこの1年は一番頑張って勉強していたと思います。この経験がなければ今私の英語の知識は大分低かったはずです。それでも志望の大学に入れなかったときは1日泣きながらベッドに寝そべってました。私の努力不足なんだと、今までの行い上そんなにうまくいくかって世間から見放されたと思いました。

 

その後も私は思い立ったら急にし始める、上手く言えば行動力のあるバカであると思っていますが少しは落ち着きましたか。行動力はあっても精神が弱いのですぐにダメになるので、海外に渡航して弱ってても自分でやるしかない状況に追い込んで、少しは強くなりましたか。今のところは相も変わらずで、殻も破れていないようです。

 

私は今後について、漠然ですが考えていることがあります。

行動力があるのは長所として捉え、20台のうちは興味のあることは挑戦していきたいこと。

でも少しは落ち着いて(落ち着きすぎるのもどうかと思いますが)、自分の責任で行うこと。

親や家族とたくさん過ごすこと。(私は家族とたまに出掛けたいと思うのですが残念ながら私の家族はどうも旅行などに興味がない出不精なので少しづつ外に連れて行けたらいいです。)

自分から友達を誘うこと。

ベッドで寝転んだら空が見える部屋に住むこと。(海外に来て空の広さに感動しています。)

 

1人で過ごす時間が好きだからこそ、殻に籠れ、色々な事を模索出来ますが、外に出ればきっと新たな見方も見つかるし、面白いことにも多く触れられるのだと、最近身にしみて感じています。それでも中々足を踏み出すのに時間がかかるのでこの行き来をもっと気軽に出来る大人になっていますように。

不器用のままでもいいから、当たり前のことに感謝して、挑戦することを諦めず、それでも自分のことは自分で責任のとれる、寝る前にすんなり寝れるような、そんな生活を送れていたら幸いです。

 

追伸:

ここまで上から目線で書きましたが、私は今とても将来が不安です。日本に戻ったら死ぬのではないか、とやるせなさしかありません。この顔のニキビも綺麗になくなっているといいです。

 

考えは変わるものなので、ここに書いた事は一時の気紛れと証し、あまり深く考えず、素敵な人生をお送り下さい。

 

5年前の自分より。

  

因みに来月で私のブログも記念すべき一周年を迎えます。特になにもないですけど。