読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス旅行4日目

イギリス滞在も折り返しを迎え、リバプールでも早起きをし朝ご飯探しと街探索へ出向く。

リバプールの観光地、アルバートドックに再度向かいそのままリバプール大聖堂を探す。

f:id:br-seina:20151207165652j:plain

アルバートドックには船とお店がたくさん。

噂で聞いていたビートルズの装飾が施されたスタバを探したのですが見つからなかった。(ショップのところにあったカフェがそうだったのでしょうか)

雨が降っていたので大聖堂を探します。

f:id:br-seina:20151207165640j:plain

ど、どこだろう...

看板を見ながら歩いて1時間か2時間過ぎぐらいにそれらしきものを見つけた。

とても大きいので見て分かるのですがその方向に歩いても一向に近づけない(笑)

f:id:br-seina:20151207165626j:plain

坂道の上にあり結構へとへとで柵越しに写真を撮って満足しました。(行きたい場合は調べましょう!)

それから駅の方向へ向かう。

f:id:br-seina:20151207165613j:plain

どこに行ってもあるのかチャイナタウン。チャイナタウンに関しては調べてもあまり分からないのですがどこの国にもあるものなのでしょうか。

駅への看板は出ていたけど中々つかない。

11時にホテルをチェックアウトしなくてはならず、ご飯も食べないでホテル方面へ急ぐ。なんども同じところをぐるぐるしていて完全な迷子になっていました。もう1度アルバートドックに戻ろうと思い向かう。そこからならきっとホテルまでの道が分かるはず!と自分を過信していたら分かりませんでした(笑)雨も降る中、くそ〜〜!!絶対見つける!と意気地になっていたらパッとホテルが出てきました。リバプールは建物が全部似ていて難しい!次行っても迷うと思う。

 

10時半くらいにホテルについたので部屋でホッと一息つく。

朝ごはんをまだ食べておらず空腹に耐えながら、チェックアウトを済ませ、もう少し歩こうかと思ったが雨も降っていたのと次の滞在地が遠かったためキャリーをゴロゴロさせながら駅へ。(リバプールは少し坂があったりして道もでこぼこです)

前日に時間指定でチケットを予約していたので発券機でチケットを発券した。当日券より安くなるので時間と場所が決まっていたらネットでの予約をおすすめします、そんなに英語読めなくても大丈夫だと思います。

出発まで時間があったので駅のカフェにてやっとの朝ご飯、コーヒーとパン。

1時間ほどだらだらと過ごし、売店で電車内で食べる物を買って電車に向かう。指定席でしたが隣はおらずのんび〜り向かう。

f:id:br-seina:20151207165600j:plain

イギリスのサンドウィッチは種類が豊富で美味しい、パンばかり食べている。(食べかけですみません。ここらへんから写真をとるのが億劫になってきています)

 

イギリス北部のリバプールから中部バーミンガムを通り越し、その下ロンドン・パディントン駅で乗り換える。(ここまで所要時間2、3時間)パディントン駅からスラウ駅に向かい乗り換え、ここから1駅先ウィンザー&イートンセントラル駅に下車。

ということで次の滞在地はロンドン郊外ウィンザー&イートンです!

今回の旅で一番長い移動時間でした。若干パディントン駅は人が多く、地下鉄も通ってんいるので分かりにくかったですが問題なくのれました。

f:id:br-seina:20151207165939j:plain

またも全然違う雰囲気。

ウィンザー&イートンを旅程にいれたのは私のイートン校生が見たいという下心でいれました。リバプール同様街並みが古いですが建物がこじんまりとしていて可愛い。

 

さっそくホテル探しへ。リバプールのホテル滞在時にネットでみた地図を頼りに探す。

最初ホテルの反対方向を歩いているのに気づかなかったのですがなんだか違うな、と不安がよぎったのでまた駅へ戻り逆に歩くとテムズ川にかかる橋を見つけ、方向は間違えずに済んだ。橋をわたってすぐのはずだったのですがなかなか見つからず。これっぽいなぁと思ったところが少し名前が違く、レストランだったのでどうしよう...ないのでは!?と路頭に迷っていた。周りも暗く、これじゃどうにもならん!と目の前にあったカフェの店員さんに道を訪ねる。分からなかったらしいが他の店員さんも一緒になって考えてくれ「あっこれ目の前のところじゃない?」と答えが出たので迷っていたレストランに入ると「宿泊の方?こっちよ!」と案内してくれた。

よ、よかった〜〜(泣)ホテルとかなんとかって看板出しておいてよ〜!

でも外観がお家みたいでとてもキュートです、昔の建物って感じがします。

エレベーターがないので荷物を持って階段をあがらなくてはいけなかったけど眼鏡のイケメンなお兄ちゃんが親切にも持ってくれた。

 

部屋についてホッとし、荷物を整理して夕飯探しと街散策。

平日の夜7時頃だったのですが閉まっているお店が多かった。

f:id:br-seina:20151207165930j:plain

ここもクリスマスで街はイルミネーションだらけ。

f:id:br-seina:20151207165920j:plain

明日行く予定のウィンザー城の外壁にプロジェクションマッピングが!すご〜い!

街をたくさん歩いて夕飯はまたもパブへ。

f:id:br-seina:20151207165910j:plain

毎回お店に入るのは緊張する。

チキン系のお肉が食べたかったのでチキンと書いてあるやつを頼み、お水がセルフで置いてあったので水を持ってテーブルで待つ。お店は広くてお客さんもたくさんいた。

ドキドキしながら待っていると、

f:id:br-seina:20151207165900j:plain

!?(思っていたのと違う)

これがカルチャーショック?全然予想の斜め上ぐらいにくる、帽子みたい。チキンは見当たらないしまたグリーンピースいるし、とグレービーソースかけて食べてみると中にひき肉がはいってました。(なるほど...)味は美味しかったです、がチキンソテー的なものが食べたかった(笑)

 

ご飯を終え、街をまた歩く。

f:id:br-seina:20151207170121j:plain

ウィンザーの街並みがとても素敵で今回行ったイギリスの地の中では1番好きになりました。

下心でいれたのですがまさかこんなにも気に入るとは思わず、ロンドンに行かないでここにもう1泊したいなぁと思いを馳せながら4日目の夜が終わりました。

f:id:br-seina:20151207170109j:plain