読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生卒業!

今週のお題「卒業」

ご卒業された方々はおめでとうございます。私は今の仕事場を今月で卒業致しますのでどうか後ろ指を指しながら見送ってくださいませ。

 

中学の卒業式はまだ純真さの残る子供だった(と思いたい)ので泣いてましたね。好きな男子のネクタイが欲しかったのでお願いしたら後輩にあげてたのでボタンを貰いました。卒業式で告白だなんて、なんて乙女チックなんでしょう!ここら辺のことを思い出すと胃液を吐きそうなくらいムカムカするので省略しましょう。印象的だったのは片っ端から男子のボタンを回収しビニール袋にいれてる女の子がいたことでしょうか。正直もらってもどうしようもないよなぁ...

 

高校はやさぐれガール真っ只中だったので卒業式終わって最速最高スピードで直帰しました。可愛くないですね〜。しっかり高校生やっとけば良かったと今では思います。中学生あたりからやり直したいです。こんな後悔ばかり考えてしまうことが大人になったという証なのであれば私は一生子供でいたい。

 

卒業してからも同窓会には1度も参加したことはなくて(成人式は参列していますが)、何故参加しないのかと、根暗で死んだ魚の目をしている同士には理解出来ると思いますが、劣等感に苛まれる気がして怖くて仕方ないのです。昔の友人達に会いたい気持ちより自己保守に走っているわけであります。FacebookどころかTwitterも見たくないですし、私の存在自体消えて誰も覚えてなければいいのにと思います。私は弱いのです。

私の好きな太宰先生も著していたように周りから風変わりと嘲笑される人は気弱で自分を守るために擬装しているのです。擬装していれば笑われてもこれは本当の自分ではない、と予防線をはっておけるのです。まぁ私は気弱ですが変人ではないと思っていますが。人類皆ネガティブ!

 

話題が大分逸れて、尚且つここ最近は自己卑下ばかりのネガティブ日記に成り下がっている。別に何かに悩んでいる訳ではないですし私はお気楽なので、おそ松さん終わるけど4月から始まるジョジョアニメが楽しみだな〜くらいしかいつも考えていません。ブログ上では糞メンヘラ臭くてごめんなさいね。ご了承下さい。

 

追伸:

卒業したいこと、を愚考したところ自分の殻にこもりすぎるところを辞めたいなぁと。もう少し直接周りの人達に自分を表現していけたらと思いま、した。