読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

申請書

東京も梅雨入りで曇り空が続く中、真夏日もあり湿度が猛威を奮ってますね。汗っかきの私には辛い季節が近づいてきています。

ここ最近と言えば、先日下北沢にて久しぶりに古着巡りをして参りました。最高に可愛い服を買えたので早く着たいのですが、如何せんバイト以外に用もなく着る機会が滅法ないです。そんなことを言っている場合でもなく、散財したため(満足ですけど!)今月はこれ以上の出費は控えたいところです。頑張りましょう。

 

前回ワーホリについて軽く記事を書き、今月はアイルランドのワーホリ申請期間になりもう月の半ばになってきたため、今回は申請書について記そうと思います。

と、言っても日本語訳もついているし然程難しいわけではないのでささっといきましょう。

 

まず流れを説明します。(大使館のHPに細かくのっています)

ワーキングホリデーでアイルランド渡航することを決めたら、まず大使館のHPをチェックしましょう。

まず行くために意思表明で申請書を大使館に送ります。2016年現在では年2回、1月と6月に申請時期を設けています。その期間内に申請書をメールor郵送します。

             ↓

翌月中旬までにワーホリに申請できる許可の通知メールがきます。

             ↓

そこから申請する際に必要な書類を期日までに用意し大使館へ郵送。

             ↓

無事に通れば許可証が自宅に配送されてきます。後は行くだけです。

 

HPに申請の案内があるのでそこのステップ1の申請資格を読み、条件に達していればステップ2で時期を確認します。今回はステップ3になります。

今回送る申請書は写真は貼りません。その後の必要書類を送る際にまた申請書が必要になりますのでその時に写真を添付します。なのでコピーしたりパソコンで書類を作成した場合は保存などしたりして手間を省きましょう。

パソコンで作成するとそのままメールに添付して大使館に送れるので楽です。私も必要書類は全てパソコンで作成しました。

 

項目全てを説明するも何も、下に日本語訳があるので参考程度に記入例をのせておきます。英文をがっつり書く項目はないのですが、なんだか不安になりますね(笑)まぁこれで通ったんで大丈夫でしょう。

1番下にチェック項目があるのでそこも忘れずにチェックをいれましょう。数字とかは適当にはめただけなので参考になさらずに。 

出発日を記入する欄がありますが、まだ航空券をとっていないと思うのである程度目安でいいと思います。その後にまた送るのでその時に確定した日程を記入しましょう。(私は変え忘れたような気がします(笑))

 

f:id:br-seina:20160616124303j:plain

f:id:br-seina:20160616124557j:plain

 

サンプル用に書き直していたら自分の記入ミスを2、3つ見つけてしまいました...。もう送っちゃったよ!大丈夫かな〜(笑)

皆さん、記入ミスには気をつけましょう(笑)

 

この申請書を申請期間中にメールか郵送したら一旦終わりです。結果が翌月にメールできますのでそれまでアイルランドに想いを馳せましょう。

中旬までにはと書いてありますが私の場合は翌月すぐにきたので案外早いかもしれませんね。

 

私の現状としては許可証が自宅に届くのを待ちつつ、学校の手続き等をしています。許可証は必要書類を送ってから2ヶ月程はかかるそうなのでもうそろそろかなぁと思いつつ、出発が早い人から先に送るそうなので出発の遅い私は後回しになってるかも。まだかな〜。

 

ですが早くも出発まで2ヶ月ちょっとなんですよね。全然実感も湧きませんし、時間が過ぎるのって本当早いですよね。今は働き詰めですが仕事は中々楽しいのでちょっぴり寂しさもありますね。これから無事に出発できるよう健康には気をつけていこうと思います。ミスを見つけてしまったので少し不安になってきました(笑)