読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スコットランド旅行1日目

あっという間に年の瀬ですね。去年書いた記事を見てあまり成長を感じれずまぁ1年なんてこんなもんか、と割り切るしかないですね。

誕生日に記事を書きたかったですがだらだらするのに忙しくて中々気が進まず。クリスマスはカウチに寝っころがってお菓子とドリンクと毛布を用意し気合いを入れてだらだらしています。進行形です。

 

周りの友人達は意気揚々とアイルランドから出て旅行を楽しんでいますね。出来ればイベント時はアイルランド(たとえ何もないとしても)で過ごしたいのでアイルランド風に生活出来たら私は満足です。

 

何故だか日本で家に籠ってだらだらしているとすごく罪悪感に襲われていて、何かしなきゃとか出掛けなきゃとか有意義な1日にしようと誰かに急かされているわけでもないのにそんな気になってしまい、どうも満足のいくだらけた1日を過ごす事が出来なかったですが、こちらでは罪悪感なくだらだらできるのでもう家に籠って4日目です(笑)クリスマスは家でだらだらテレビを見るという習慣にどっぷりハマってます。頑張るのは来年からにしよう。

 

クリスマスに周りが旅行に行く中、私は一足お先くらいに、12月の始めにスコットランドエディンバラに2泊3日で行ってきました!今回も行くきっかけがLAUのライブです。去年のイギリスとまったく同じでほぼほぼ同じ時期。違うことは近いってこと!

always-sleepy.hatenablog.com

 ダブリンからエディンバラまでは1時間半くらいで着いちゃいます。今回初めてライアンエアー使ってみました。LCCで超格安です。往復でも€30以下で行けちゃいました。

色々コスト削減でしなくてはいけないこともありますが特に目立った問題もなくのれました。荷物もリュック1つで行ったので追加料金なし。オンラインチェックインと航空券をプリントアウト、VISAチェックをしにカウンターまで行けば後は通常通り検査受けてロビーで待って飛行機まで歩いて乗るだけです。

私は利用しなかったので明確ではないのですが、機内のトイレは有料らしいです(笑)長距離フライトには向いてませんけど2、3時間だったら安くて便利だと思います。席も自分が小さいからですけどきついこともなく。機内食等は無料ではないので買うか、空港で買いましょう 。

f:id:br-seina:20161230085643j:plain

歩いて乗ります。私は結構歩いて乗るとスター気分を味わえるので好きです(笑) 

 

エディンバラに到着!

ここからエアリンクというバスに乗って市内のB&Bに向かいます。往復で買っておくと楽だと思います。有効期限は確か30日です 。

エアリンクはもちろんWi-Fi完備で有り難いのですが、よくあるバスが今どこらへんなのか分からなくなる(表示がされないなど)ということがなく掲示板がちゃんと今どこらへんなのか、後何分くらいなのかなど表示してくれているので感心してしまいました。ダブリンバスは間違えてる時あるし(笑)

自分の宿泊先はバス停のすぐ近くで降りてちょっと歩いたら分かりました。B&B大好きな私としてはとてもいい所でした。街の中心地まで歩いて30分くらいでいけるのも よく宿泊先の人達もよくしてくれ、またエディンバラに行く際は同じところに泊まりたいと思います。

 

着いてから荷物を置き、ライブはその日の夜だったため場所を確認しつつ中心地に向かう。15時くらいだったので歩きながらのんびり街の雰囲気を楽しみます。

f:id:br-seina:20161230091329j:plain

街のショーウィンドウにバグパイプを見つけてスコットランドにいることを実感します。バグパイプスコットランドの伝統楽器になります。

f:id:br-seina:20161230093251j:plain

街にも観光客向けだとは思いますが、ギターを弾いている人よりバグパイプを吹いている人の方が多かったです。民族衣装をきて吹いてたりしてついつい聴き入れてしまいますね。

f:id:br-seina:20161230091231j:plain

やはりイギリスといってもイングランドとはまた違った趣きでどちらかと言うとスコットランドの方が厳かな雰囲気があります。私は個人的にスコットランドの方が街並みが美しく好きですね。

エディンバラは駅を挟んで旧市街地と新市街地に分かれておりその美しい街並みは世界遺産に登録されています。歴史的なことを調べると暗い話みたいですね。

 

まずは新市街地のプリンセスストリートをまっすぐひたすら歩く。ツーリストオフィスにでも寄るかと、土曜日だからか人が多いなぁと思いながら歩いてたらクリスマスマーケットが!だからか!(笑)

f:id:br-seina:20161230091538j:plain

見渡す限り人、人、人!

f:id:br-seina:20161230091833j:plain

スコット記念塔と空中ブランコという幻想的な空間。

仮説遊園地まできて、マーケットのお店もたくさんありました。とっても盛り上がってる!私までテンションがあがりつつまずはツーリストオフィス でエディンバラ城のポストカードを実家に送るようで買いました(何故かまだ届いておらずきっとこのポストカードは一生彷徨い続ける...)

f:id:br-seina:20161230092506j:plain

外に出てスコットランド初の食事はドイツのカリーブルストに(笑)正直値段の割には微妙で普通のホットドックにすればよかったなぁと思いました。

f:id:br-seina:20161230092324j:plain

ライブまで時間があるので折角だしマーケットみよう!と意気込んだのは良いものの、人が多すぎて歩けない、歩けない...。人の流れに一緒に流れただけで疲れてしまい、暗くなったしライブ会場の方に行くかと若干疲れを感じながらまた歩く。

問題の会場に中々着かなくて、周りの賑やかさも徐々に落ち着いてしまい道はあっているはずなのに全然見当たらないなぁと不安にかられる。ここで街のFreeWi-Fiを駆使しマップで確認するともう少しでした。やはり私の土地勘は間違っていないが自分に対する信頼度が低いためにこういうことは多々起こる。市内のFreeWi-Fiって本当に素晴らしい。

 

ライブが始まる2時間前くらいに会場を確認し、暇つぶしと休憩がてらカフェに入ろうと思ってたのに18時にはほぼ閉まってるし会場の周りにあまりカフェがなく渋々スタバで時間つぶし。

1時間前くらいにスタバを離れ会場へ。チケットの代わりを印刷しただけだったので横のチケットボックスで交換してきて〜って若い親切なお兄ちゃんに言われたの言われるがままに交換し会場ロビーに。

ロビーには沢山の人がお酒を片手に楽しそうにしている!しかも真ん中で若い子達が演奏してるではないか!私は興奮しつつお水を貰い演奏を始まるギリギリまで聴いてました。バイオリン3人にコントラバス、ギターで最高にかっこよかったです。

自分より若いか同じくらいなのにこんな素敵な演奏が出来て自分も何故か嬉しくなってしまいました(笑)

 

時間になりライブ会場に入り席を探す。見つけたと思って座ってたら全然違う番号に座っててそこの席だった人があれ?まぁいいか、みたいな顔をしてやっと間違いに気づき席を再度確保。笑ってたけど何故間違えたのか自分でも理解できない(笑)

 

そしてメンバー登場!最初はまさかの”The Jigs”から始まり、鳥肌が止まらない。前回のライブではこの曲は演奏しておらず、私はLAUを知ったきっかけの曲でもあるので聴けて本当に嬉しかったです。

演奏はただひたすらに最高で、アレンジがとってもかっこいいし最初から最後まで楽しませてもらいました。リスニング力は去年よりは大分マシになったはずなのにトークは相変わらず聞き取れませんでした(笑)最後にみんなで歌い、LAUが演奏して終わりました。

LAUはこの日昼間からライブまでワークショップをやっていてライブ後も深夜3時まで飲み会なのかパーティ的なものがあって、まぁ私は観光も兼ねているので参加せずにライブだけで帰りました。

まさかLAUのライブをまた見れるなんて思いもしなかったのでそれだけで嬉しかったです。今回のライブは出身地スコットランドなので前のライブハウスより大きくて演出も凝っていて面白かったです。でもイギリスでみた時は近くで見れたし話せたからあの和気あいあいした感じの方が好きですね。

次いつライブやるかはまだ分からないので(イギリス、ケンブリッジのフォークフェスに出るみたいですけど)こちらに滞在中近くで行けそうであれば必ず行きたいと思います。夏くらいにやってほしいな〜。

 

帰りは23時くらいで遅かったのでバスを調べて乗りました。バス停が出発も到着も目の前だったので簡単に行き来できてよかったです。バスの料金は一律で安かったです。小銭が似すぎていて出すの大変でしたけど運転手さんは気にせず私を乗せたまま出発していました(笑)

 

翌日は早起きして1日観光するぞ!と決めていたのでどこら辺を回るかある程度決め、でも興奮してすぐには寝付けずテレビを見ながらポストカード書いたりしてスコットランドでの初めての夜は過ぎました。

f:id:br-seina:20161230092148j:plain