読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人登録です。

本日ダブリンは9月末にして20度超えと、先日までもう冬だね〜なんて会話してたのが嘘のような暖かさとなっております。東京はまだまだ残暑が厳しいようで30度近くあるみたいですね。この情報だけでもダブリンに来てよかったと思います(笑)

 

先日、外国人登録してきました。無事に終わって何よりです。以下手順等。

私はワーホリでの登録になるのでその情報のみです。

※学生ビザ等は必要書類が違いますので気をつけてください。また私の場合ダブリンでの手続きですので他の地域はやり方が違うかもしれません。

 

まず外国人登録アイルランドに3ヶ月以上滞在する際に必要な手続きとなっております。空港についた際の入国審査でスタンプを押されてここに行くようにと案内の用紙を貰います。このスタンプですが調べてみると期間が時期で違うのか個人でバラバラなので確認しておきましょう。私は3ヶ月押されてましたが1ヶ月の人もいたり。

 

この時期の間に外国人登録を行わなければなりません。その時期まで滞在可能という意味になるので。エージェントの方では1ヶ月以内に行ってくださいと言われると思いますが、早めにやっといて損はないです。

 

外国人登録手続きとして、今年の9月中旬からネットでの完全予約制になりました。先人達のブログでは半日かかったとか、早朝6時半から並んだとか、待ち時間との壮絶な戦いが記されています。ネット予約が出来るようになったのは本当に有り難いことですね...。逆に予約してないと出来ないので必ず予約しましょう。

 

予約方法も簡単です。

まずGNIB(Garda National Immigration Bureau)のサイトにアクセスします。このサイト中々読む気の失せるような個人的に見辛いといいますか、ここから予約サイトへ。

ダブリン滞在初の方はこのページにある”Register for the first time”に飛びます。説明文にも90日以上滞在する人と書いてありますね。注意事項なんかもあるので軽く読み、滞在目的の項目を押します。この時ワーホリビザで来ている人は”Work or an internship”を選んでください。語学学校に最初通うからといって学生で予約してしますと必要書類も色々変わってきちゃうので気をつけてくださいね。

 

2つ目の質問で”Working holiday”を選択します。次のページで予約画面への移行リンクと色々ワーホリについて書かれてます。ここで大事なのが必要書類と支払いについてです。(後から予約完了メールが来るので再度このページは見れます)

 

必要書類は以下の通り。

・パスポート

・ワーキングホリデー許可証

 

支払い方法は、銀行引き落としかクレジット・デビッドカードのみになります。現金は受け付けてないので気をつけてください。カード払いが一般的だと思います。PINコード(暗証番号)も忘れずにね。金額は€300、相場が分かりませんけども痛い出費。

 

では、予約にうつります。”Book a registration appointment online”ボタンを押して予約画面へ。”Make Appointment”から必要事項を記入していきます。メールアドレスとパスポートが必要です。(パスポート番号の入力があるので)後は行ける日程を選んで終了のはず。予約完了できればメールが後程送られてきます。予約用紙は印刷出来るのであればしておきましょう。

 

GINBはタラ・ストリート駅付近にあります。リフィー川にそって歩いてればすぐ分かると思いますよ。

当日は10分前を目安に向かいます。あまり早く来るなと紙に書いてあるので10分前ちょうどくらいがいいのではないかなと思います。

ついたら受付で印刷した予約用紙を見せます。確認されて予約番号を貰えます。もし印刷が出来ない場合、受付の前に記入用紙があるので必要項目を記入し見せれば大丈夫かと思われます。

 

番号を貰ったら呼ばれるまで待ちます。番号が電光掲示板に出るので安心してください。出たら指定されているブースに向かい、必要書類を渡します。テーブルの真ん中がへこんでてぽいって入れるんですけど、なんか面白いなと思いました(笑)

 

上記2点しか持って行ってなかったんですが「住所証明ある?」と聞かれ、「いや、持ってません」「なんで?」「えっ、だってサイトに書いてなかったし・・・」なんて話になり結局住所ここですって携帯で渡したら大丈夫でした。後、携帯番号を聞かれました。指紋採取なのか両人差し指を赤いところにつけて、最後に顔写真を撮り(眼鏡外してって言われたんですが、多分パスポートが裸眼だったからでしょうか)、自分でカードの端末を使い支払いをし許可証とレシートを貰ってまた待ち合いに戻ります。

 

次にアナウンスで国籍と名前を呼ばれフィンガープリントなんとか〜って言われますのでトイレ横にある部屋に向かいます。結構フレンドリーな方が多かったので気負いしなくて大丈夫ですよ。言われるがままに指紋をとりまた待つ。

 

また国籍と名前を呼ばれてカウンター1にきてくださいとアナウンスがあるのでそこでパスポートと登録カードが渡されます。私のときはカウンターじゃなくお兄さんがでてきて呼ばれたら取りにきて!ってなってました(笑)

 

これが一連の流れになります。私は着いてから3時間かかりました(あれ?)待ち時間が苦痛です。混雑してたのか分かりませんがこの中2時間半は待ち時間といっても過言ではないです。学校の宿題やってましたけどね。お菓子とか本とか暇つぶしに持ってきましょう。まぁ私は午後で忙しそうな時間にとってしまったので早朝とかにアポを入れたら比較的早く終わるんじゃないでしょうか。

 

待ち合いはWi-FiないのでWi-Fi可でのみ携帯を使っている方は暇かと思われます。また給水器があります。後トイレがめっっっちゃブルーです。1回使いましたけど出た瞬間目がおかしくなります。面白いので試しにトイレ行ってみてください。異空間です。

 

思った以上に時間がかかりましたが手続きが1個終わってスッキリです。住所証明はあったらいいかもですけど必ずではなさそうですね。こういう役所手続きって担当によってまちまちなんてことがよくあるので一概にどうと言えませんね。善くも悪くも日本って真面目だなと思いますよ。こっちに来てから日本っていいなあっと物思いに耽ることがよくありますね〜。

 

次はPPSナンバーとか取りに行くか〜。これもダブリンは確か予約制だった気がします。毎年色々なことが変わってるんだなって他の人のブログをみて思います。変化は進化ですね。

 

とういか今日もデニムがきつい。やばいぞ。でもお菓子買っちゃった。