読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

配膳は好きでした。

今週のお題「給食」

今より好き嫌いが多かった子供時代。いい思い出はありません。きなこ揚げパン以外は食べたくありませんでした。フルーツポンチなどの人気メニューにも心は揺さぶられなかったです。学校で食パンが出る度、残すなと無理やり食べさせられゲロッたクラスメイトを思い出してました。おかげでトースターで焼いてない食パンは食べれません。

純粋で幼かった中学の私は牛乳を飲めば身長が伸びると信じていたので(というかそれしか頼れなかった)、男子に混じり牛乳じゃんけんをしていました。負けても女子の3分の1は牛乳に口をつけていないので寄付してもらうこともしばしば。牛乳でお腹を満たしていましたね。たまに出るコーヒー牛乳や飲むヨーグルト、ミルメークはご褒美です。この頃から私の飲み物好きは始まっていたのかもしれません。

給食時間は班に分かれて机をくっつけて食べてました。私は何度かクラスのお調子者のような子と同じ班で、笑い上戸な私は牛乳を吹き出したor吹き出しかけたという苦しい思い出があります。笑わせないでくれ。

今では吹き出すことはないですけど、人とご飯を食べるのが苦手です。(また可哀想な話に...)食べるのも遅いですし、食べてる時って無防備ですよね。見られてると思ってしまって恥ずかしくなります。本当は誰も気にしてないのにね。

今ではまた給食食べたいな〜と思うこともありますが、正確にはあの給食を食べていた時代に戻りたいな〜、じゃないかな。

 

食べ物の話題ということで、巷ではハンバーガーが流行っているそうです(多分)久しぶりにハンバーガー、食べました。

f:id:br-seina:20160305231324j:plain

ちゃんと見ないで決めた私が悪いですが、思っていたより高さあるし私の嫌いなタマネギめっちゃ入ってる。というか写真だとタマネギしか見えませんね。

食べ方が分からない。イケイケ女子達はハンバーガーをどうやって食べているんだ、と考えながらひたすらフライドポテトを食べる。なんか長い爪楊枝が刺さっているので外し、嫌いなタマネギを除去(1つ食べたので許してください)上から潰してがぶっと!いきたかったのですが無理です。これは後ろから具が出ちゃうやつです。

私はハンバーガーをかぶりつけなかった敗北感を味わいながら、初めてハンバーガーをナイフとフォークで食べました。本当、どうやって食べるのだろう。半分くらいになってやっとかぶりつけました。食べながら面倒くさいなぁなんて思いました。隣に座っていたお姉さんは初っ端からかぶりついてました。半分に切ってたのかも。

食べるって難しい。あ、味は美味しかったです。